Samson Mow

サムソン・モウ

創業者

 
@Excellion

サムソン・モウ氏は世界で有名なプルーフ・オブ・帽子合議メカニズムの発明者です。プルーフ・オブ・帽子はビットコイン内戦で初めて活用され、その後イーロン・マスク氏がThe Boring Companyを創業するときにレバレッジされました。モウ氏と彼の帽子はビットコインの謎に満ちた創始者と不可解な関係があるとも思われます。モネロのLead DeveloperであるRiccardo Spani氏が信じられない発見をしました。まさしく、’I took a Samson hat‘をつづり換えれば、’Satoshi Nakamoto’になるということ!デザイン界の業務以外にモウ氏はBlockstreamでソーシャル・メディア部門のインターンとして働いており、またPixelmaticの開発チームではモノを大きくしたり違う色に変えるなどの業務を携わっています。

Mir Liponi

Mir Liponi

代表帽子取締役

 
@mir_btc

Mir Liponiは幼い頃から熱狂的な帽子のファンでした。9歳にして既にイタリアの主なフィンテックスタートアップで帽子、キャップ、ボンネット帽、ステッソン帽、トルク、ヘルメット、黒毛皮帽、リッド帽、ホンブルク帽、かんかん帽、山高帽、中折れ帽などを着用してきました。また、Mir氏は既存の金融業界でも存在感がありますが、その一例としてスイス銀行でトルコ帽を被ったまま写真撮影をしました。2016年、Mir氏がExcellion の商品を目の当たりにすると、直ちにその破壊的ポテンシャルを理解しフルタイムの帽子モデルになりました。仕事をしない自由時間にはMir氏は暗号通貨の最新トレンドについて報告書をまとめ、またGiacomo Zucco’s氏の終わりのないツイートを代行して放っています。

Gabriele Domenichini

Gabriele Domenichini

アドバイザー

 
@Gabridome

ボローニャ(イタリア)で生まれ育ったGabriele Domenichini氏は世界的に有名なビットコイナーであり、投資家、スタイリスト、プレイボーイです。Domenichini氏はあの悪名高きビットコインコア(BitcoinCore)-イルミナティ-ビルダベグ-爬虫類陰謀説−ボグストリーム-アヌンナキ-メン・イン・ブラック-ドラゴンの巣コンソーシアムのプロパガンダ予算を管理(と書いてその殆どを消費)しています。コンソーシアムの為にサクラとしてベーパーウェアを売り捌くことを専門としており、しかも楽しんでいます。タダでやってくれるほど。コンソーシアムには内緒にしておいて下さい。それはさて置き、一応Domenichini氏はExcellionストアのアドバイザーとしていますので、我々はれっきとしたイタリアン・ファッション・ブランドであることは間違いありません。